2019年1月12日土曜日

企画展 福島市の弥生遺跡

 さて、1月19日からは企画展「福島市の弥生遺跡」が始まります。じょーもぴあ宮畑としては、初めての弥生時代の展示になります。勝口前畑遺跡、青柳遺跡、孫六橋遺跡、大平・後関遺跡、台畑遺跡、月崎A遺跡、穴田遺跡などから出土した主要な資料が一堂に会する展示になる予定です。


 現在、じょーもぴあ宮畑の総力を結集して、鋭意準備を進めています。が、こうした展示の常として、準備が進めば進むほど「こうしたほうがわかりやすいのでは?」とか「この資料よりこっちの資料を見せるべきでは?」とか、迷宮にはまり込んでしまいます。
限られたスペースを可能な限り有効に使い、福島市内の弥生時代についてわかりやすく、かつ総合的に展示できればと思います。


 もちろん、展示作業に並行してパネルや配布資料に使用する写真も撮影しています。あの手この手で「格好いい」写真を撮ろうと努力していますが、結局はそれも素材として切り刻まれる運命です…とほほ。ちなみに上の写真は薄~い砥石で。何にどう使う道具かはぜひ展示をご覧になって確認してください。

そして、今回はその作業の合間にこんな画像も製作してみました。

 

これは勾玉の素材となる原石なのですが、その素材を立方体に分割していく途中の資料です。こうして何度も分割を繰り返し、大きな石から小さな勾玉をいくつも作り出します。これは一度割られた石を接合し、元の形が復元できた貴重なものですが、展示ではなかなか裏側まで見ることが出来ないので、全体を見てもらうために3D化してみました!興味のある方はぜひ、↓ から見てみてください。ぐりぐり回せますよ~!!

2019年1月6日日曜日

凧、凧 あがれ!

 今日は凧づくりの日です。じょーもぴあ宮畑の凧づくりは、土偶!好きな土偶を選んでもらって、思い思いに色をぬったり、模様を描いたり。とってもキュートな土偶ができあがります。








しかし、雪&無風という凧揚げには最悪のコンディションです!とりあえず、今日は作るだけで天気のいい日にあらためて凧揚げに来てもらうしかないかなぁ……

2019年1月4日金曜日

帰還!

 さて、昨年に東京国立博物館で開催された「縄文展」は、30万人を越える観覧者があったようで、当館所蔵のしゃがむ土偶も沢山の方に見ていただき、うれしい限りです。

 その後、休む間もなく渡仏し、フランスの方々にも見ていただきました。大英博物館への出品に次ぐ2度目の渡航になりますが、こちらも無事に終えることができ、昨年末に戻ってきました。


そんなわけで、また、しゃがむ土偶にはいつでも会うことが出来ます!みなさん、ぜひ会いに来てくださいね~。

あけましておめでとうございます

じょーもぴあ宮畑本日より開館です。
本年もよろしくお願いいたします。

今日は澄み渡った空のもと、吾妻小富士がよく見えます。

2018年11月9日金曜日

じょーもぴあ・遺跡の案内人 募集中!

 じょーもぴあ宮畑では、じょーもぴあ宮畑の案内ガイドや体験のサポートをしていただけるボランティアを募集中です。

 月1~2回程度の活動で、小学校の活用事業や団体見学、イベントなどでお手伝いいただきます。そののほか、縄文時代に関わる講座やバスでの視察旅行などの研修などもあります。縄文の里でいっしょに楽しく活動しませんか?

※チラシはお近くの支所・学習センターのほか、市立図書館、アオウゼ、福島テルサなどにあります。



2018年10月26日金曜日

ご報告

さる9月29日に実施しました新井武士氏とボブ斉藤氏による復興支援フリーコンサートですが、新井さんのお住まいである北海道では、その直前に胆振東部地震が起きたことは皆さんご存知のことと思います。コンサートの行われた時点では震源となった胆振地区を中心にいまだ先の見えない状態であり、現在でもまだ完全に復旧したとは言えない状態です。

そんな北海道から福島へ復興支援においでいただいたことに対し、少しでもお返しがしたいと会場で募金を募りました。ご来場の皆様から集まったお気持ちは全部で7300円となりましたので、こちらを先日全額日本赤十字を通して胆振東部地震災害義援金として寄付させていただいたことをご報告いたします。


2018年10月10日水曜日

縄文にハマった!?

 今年の夏、東京上野の国立博物館で「縄文展」が開催されました。国宝を含む膨大な量の遺物が並べられ、30万人以上が訪れるという空前の規模の特別展でした。

 上野が縄文一色に染まったおなじその時に、渋谷のイメージフォーラムで一本の映画が封切されました。その名も「縄文にハマる人々」です。山岡信貴監督が文字通り縄文にハマる人々を丹念にそして大胆に取材した、異色のドキュメンタリーです。もちろん縄文土器も遺跡の風景も出てきますが、一切の説明はありません。あくまでも縄文にハマる「人々」が主役です。著名な考古学者からアーチスト、市井の縄文ファンまでさまざまな人が登場します。いずれも見事なハマりっぷりだった、とだけ申しておきましょう。

 そんな派手さの一切ない、プロモーションもほどほどのこの映画。スタートはイメージフォーラム単館での上映でありながら、口コミやSNSでうわさが広がり、じわりじわりと上映館を増やしました。現在までの上映館は沖縄から青森まで日本を縦断する形で25館を超え、イメージフォーラム自体でも17週を超える異例のロングランとなりました。
※すでに上映終了した映画館もありますので、詳細は公式HPでご確認ください
  http://www.jomon-hamaru.com/




 ネットで感想を検索しても「すごかった」「想像を超えていた」「ドキュメンタリーとして優れている」という感想が目につき、具体的な内容とその謎についてコメントしている人は皆無です。そのぐらい言葉にできない映画なのでしょうか?それとも、観た人みんなが人に話したくないそれぞれの「謎」を抱えているのでしょうか?

 そんな話題の映画が、ついに福島市でも観られます。11月16日からフォーラム福島での上映が決定いたしました。どんな人が、どんなふうにハマっているのか?それはなぜなのか?そして「縄文」とは……ぜひ、あなたの目で、そして耳で、この映画を確かめてみてください。「現代人の感覚」を脱ぎ捨てるために!

さて、そしてなんと!! 先日その山岡監督がじょーもぴあ宮畑に。う~~~ん、すごい。せっかくなので、ポスターにサインをしていただきました。



 実は11月18日(日)の13時の回上映終了後に監督のトークがあるのですが、なんとなんと、福島の「ハマった人」代表として、じょーもぴあ宮畑の職員がゲスト出演だぁ~~~!!ぜひぜひ、みなさまおいでください!


 もうね、職員は普段からこんな顔で、縄文人の顔だけコスプレしてます(笑)はたしてどんなトークが繰り広げられるのか?監督からは「炎上しない程度に」と釘を刺されているにもかかわらず、不用意なことを口走ったりしないのか?もうね、来るしかないですよ、これは!

企画展 福島市の弥生遺跡

 さて、1月19日からは企画展「福島市の弥生遺跡」が始まります。じょーもぴあ宮畑としては、初めての弥生時代の展示になります。勝口前畑遺跡、青柳遺跡、孫六橋遺跡、大平・後関遺跡、台畑遺跡、月崎A遺跡、穴田遺跡などから出土した主要な資料が一堂に会する展示になる予定です。 ...