2016年7月31日日曜日

ファイヤ~!

今日は先日作った縄文土器の野焼きを行いました!
暑いので、早朝から(笑)

まずは地面を焼いて湿気を抜きつつ温度をあげます。
地面が十分熱くなったら、ここで土器を並べます。



















両側から土器をあぶり、ゆっくりゆっくり温度を上げていきますが、
温度が上がると、次第に土器の表面に変化があらわれます。



















土器の温度が上がってくると表面に煤が付き始めます。
これで土器は300~400度ぐらいでしょうか。
ちなみに、、まだ煤がついていないところは200度ぐらい。
その温度差が大きくなると割れてしまうので、
熱が全体に回るようにゆっくりゆっくり温度を上げるのです。



















さて、土器全体が真っ黒になったらいよいよ攻め焚きです!
土器全体を一気に焼き上げます。
これで温度はおよそ700~800度です。
温度が上がると、土器が真っ赤に
発光するのが見えることもあります。

あとは自然に火がおさまり、土器が冷えれば出来上がり。
炎がおさまったときにはくすんだ色の土器が
冷えるにしたがって赤みを増してきます。
焼きむらがあるのがいい感じですね~

0 件のコメント:

コメントを投稿

露出展示棟

じょーもぴあ宮畑には、発掘調査で出土した縄文土器をそのままの状態で見学できる露出展示棟という展示施設があります。復元された土器はいろんなところで展示されていますが、実際に土器が出土した状態はなかなか見る機会がないと思いますので、ぜひ見学においでください。 福島は遠くて…時間が...