2018年1月6日土曜日

夜は別の顔

明けましておめでとうございます。じょーもぴあ宮畑は1月4日より平常開館しております。

 さて、じょーもぴあ宮畑に限らず、博物館や体験学習館などの施設は冬期間はお客様が少なくなります。寒いし、道路も凍っているし、インフルエンザも流行ってるし、外に出たくない気持ちもわかりますが、逆にこの時期にしか出会えない景色もあります。雪景色?いえいえ。じょーもぴあ宮畑のある福島市東部地区はそれほど雪は降りません。ヒントは……「暗い」です。

 この時期、日の暮れるのが早いのはもちろん天気が悪くて昼間でも薄暗い日が続きます。そんなときにはぜひ!じょーもぴあ宮畑においでください。なかなか明るい日中では見ることの出来ない光景に出会えます。それは、ずばり天井です。


じょーもぴあ宮畑エントランスホールの天井は、角錐を組み合わせたような独特の形状をしています。あたりが暗くなると、水銀灯の白い光に照らされて日中の自然光では見ることの出来ない独特の陰影が浮き上がってきます。


 実はじょーもぴあ宮畑は先ごろ福島県建築文化賞準賞を受賞しただけではなく、開館当初から、内外で話題となっている建築物なのです。

たとえばこちらのサイト → The Most Amazing Examples Of Modern Japanese Architecture では海外に向けて紹介されtれていますし、なんとTHE JOURNAL OF THE AMERICAN INSTITUTE OF ARCHITECTSのweb → Miyahata Jōmon Museum's Faceted Ceiling ではその独特な天井をメインに大々的に取り上げられています。そのほか、ドイツやフランス、中国などでも紹介されている日本を代表する現代建築の一つなのです!



この冬、ぜひじょーもぴあ宮畑においでください!!世界的建築と縄文土器があなたをお待ちしていますよ~。

0 件のコメント:

コメントを投稿

露出展示棟

じょーもぴあ宮畑には、発掘調査で出土した縄文土器をそのままの状態で見学できる露出展示棟という展示施設があります。復元された土器はいろんなところで展示されていますが、実際に土器が出土した状態はなかなか見る機会がないと思いますので、ぜひ見学においでください。 福島は遠くて…時間が...