2016年11月27日日曜日

縄文風リースづくり

今日は縄文風のリースづくり体験でした。土器でで作った丸や三角のベースに、アクセサリーやオーナメントを飾り付けていきますが、じょーもぴあ宮畑ではペーパークイリングの手法で作った渦巻きを大胆に取り入れています!


はい。ベースには網目状撚糸文が施文されています。渦巻きで埋め尽くされた区画の上にハンノキの実をあしらってアクセントにしています。

 
ベースはハートですね。縄文が施文されています。中央にクラフトテープで作った大きな花がありますが、センターを少しずらしているのがポイントです。
 
 
 
こちらもセンターに花を置いていますが、ベースが三角形なのでど真ん中で安定感のある構図になっています。べースには押し型文が施文されています。
 
 
 
押し型文を施文した円形のベースの中を渦巻きで埋めているのですが、なかにツリーが配置されているのと、空間を上手に使ってシンプルにまとめているのがポイントです。
 
いじょう、大人の部ですが、こどっもたちも負けてはいません!おおらかな色遣いと大胆な発想でぐいぐい製作しています。
 
 
どうです!このビビッドな感じ!本当に集中していましたね~。素晴らしい出来栄えです。これは2時間かかる体験ですが、12月にはこれの簡易版もやろうかと思っています。ご期待ください。
 
 
 

 

2 件のコメント:

  1. 体験者の一人です。材料費500円で、この贅沢なできばえ!おしゃべりしながら時を忘れて夢中になって作りました。また作りたいです。

    返信削除
  2. ご参加ありがとうございました。じょーもぴあ宮畑の講座の中には女子力高めのものもありますので、またのご参加をお待ちしております!

    返信削除

露出展示棟

じょーもぴあ宮畑には、発掘調査で出土した縄文土器をそのままの状態で見学できる露出展示棟という展示施設があります。復元された土器はいろんなところで展示されていますが、実際に土器が出土した状態はなかなか見る機会がないと思いますので、ぜひ見学においでください。 福島は遠くて…時間が...