2016年4月5日火曜日

デトックス!?

じょーもぴあ宮畑の公園の西の端に露出展示棟があります。
これは、発掘調査で掘り出された縄文時代の地面を
そのままの状態で見学できる施設で、中はこんな風になっています。



















さて、縄文時代に捨てられたたくさんの土器が散乱していますが
現在、その一部がこのような状態になっています。



















べつに、誰かがチリ紙を捨てたわけではありません。
宮畑遺跡は非常に地下水の多いところです。
地下水が蒸発していくときに、土器の表面に水に溶けていた
ミネラル(とくにカルシウム)を残していきまが、
これがそのまま結晶化すると、二度と除去できなくなってしまいます。



















この土器の真ん中あたりにみられる白っぽい汚れがそれです。
これは、宮畑遺跡だけではなく世界中のこうした施設や遺跡で
担当者が頭を悩ませている現象です。

宮畑遺跡では、結晶化する前にそのカルシウムを除去する試みとして
実験的に土器にちぎった和紙を貼り付けています。




















和紙の表面から水分を蒸発させ、カルシウムを
和紙に吸着させようという試みです。
いってみれば、土器のデトックスをやっているということです。
これから、長い時間をかけてその効果を検証していきたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

露出展示棟

じょーもぴあ宮畑には、発掘調査で出土した縄文土器をそのままの状態で見学できる露出展示棟という展示施設があります。復元された土器はいろんなところで展示されていますが、実際に土器が出土した状態はなかなか見る機会がないと思いますので、ぜひ見学においでください。 福島は遠くて…時間が...