2016年6月27日月曜日

どっきりドキドキ

ベタなタイトルでごめんなさい。
先日実施した縄文土器づくりは、普段使用している教材用の粘土ではなく
なるべく当時使用されていたものに近い粘土を使用して
当時と同じ技法で製作するというコンセプトでした。
今回使用した粘土は一人当たり3~4kgほどですが
参加者は集中して取り組んでいました。

さて、製作した土器は野焼きに向けて現在乾燥中なので、
そのなかからいくつか紹介させていただきます。

























三角形の押型文とチャームポイントの渦巻きの
取り合わせが素敵ですね!



















人体文土器ならぬ猫体文土器です。
粘土紐などの貼り付けは剥がれやすいのですが
この土器はそういうところまでしっかり作りこんでいます。



















口の部分に大きな切れ込みを入れました。
こうした形は少しずつ乾燥させて強度を出しながら
積み上げないと歪んでしまいます。
この土器も縁の部分が内側に垂れてきたのですが
その歪みを上手に意匠に取り入れています。

























流れるような渦巻文が素敵な土器です。
大形の突起もバランスよく収まっており
さすが経験者の作品です。


これらの土器はもうしばらく乾燥させたのち
7月31日(日)と8月6日(土)の二回に分けて野焼きをする予定です。
どちらもじょーもぴあ宮畑で朝8時ぐらいからの予定ですので
ぜひ見学に来てください!

0 件のコメント:

コメントを投稿

露出展示棟

じょーもぴあ宮畑には、発掘調査で出土した縄文土器をそのままの状態で見学できる露出展示棟という展示施設があります。復元された土器はいろんなところで展示されていますが、実際に土器が出土した状態はなかなか見る機会がないと思いますので、ぜひ見学においでください。 福島は遠くて…時間が...