2017年7月12日水曜日

企画展 上岡遺跡発掘物語

月曜日に第1回の企画展が終了し、現在第2回企画展「上岡遺跡発掘物語」の準備に取り掛かっています。



ご存知の方もいらっしゃると思いますが、上岡遺跡は重要文化財「しゃがむ土偶」の出土した遺跡です。今回展示資料の選定をしていて、あらためて遮光器土偶を含む縄文時代晩期の中空土偶の量に驚かされました。なんだ、これだけかと思う方もいらっしゃるかと思いますが、おそらく一遺跡で福島県内の全出土量に匹敵するのではないかと思います。



昭和27年と56年の2回にわたって実施された調査では、それ以外にも貴重な資料が見つかっています。今回は上岡遺跡の調査成果をまとめ、縄文時代晩期における上岡遺跡の位置づけを考える展示となっています。


そして、上岡遺跡を語るうえで避けることの出来ない土偶たちをテーマに、フリーライターで土偶に関する著書を多数執筆されている譽田亜紀子さんにおいでいただき、土偶をさらに掘り下げるトークショーを実施いたします。楽しみにしていてくださいね。



0 件のコメント:

コメントを投稿

そしてボクらは、未来へと時間を遡った~奇跡の庭 観劇レポート~

 令和元年12月21日、じょーもぴあ宮畑で 奇跡の庭~じかん島のひみつ~ が上演されました。札幌市こどもの 札幌市こどもの劇場やまびこ座/子ども人形劇場こぐま座 の皆さんと人形劇師沢則行さんが作り上げた人と人形が、時間と空間が、過去と未来が交錯する魅惑的な人形劇です。  「縄...