2017年7月9日日曜日

エコ探検

今日は福島市の企画「エコ探検隊」がありました。18名の小学生がエコをキーワードにじょーもぴあ宮畑を探検!竪穴住居の中と外の温度差を計ったり、砂地と芝生とアスファルトの温度を比較したり、皆熱心でした。一番盛り上がったのが火おこし体験と言うのはナイショです(笑)

さて、じょーもぴあ宮畑でも、エコ探検隊に向けたちょっとした実験として、土器とバケツに水を汲んで日向に置いておきました。土器は素焼きなので水が浸透し、浸透した水は土器の表面から蒸発します。なので、その時の気化熱で土器に汲んだ水は温度が上がらないと言われていますが、それは本当なのでしょうか?バケツと土器で検証実験です。


朝9時に汲んだ水はどちらも24度でしたが、11時45分の時点でバケツの水が39度、土器の水が34度。5度ほど差がついています。本当はもっと温度差が出ることを期待していたのですが、土器を作ったときに仕上げを丁寧にやったので、あまり水が浸透していないようです。でも、間違いなく差がでましたよ~。

ちなみにわきに見えるカラーパネルは使い終わった火おこしの板にペンキを塗ったものですが、表面温度は黒が73度、緑が64度、赤が54度、白が44度でした。こちらはもくろみ通りけっこう差が出ましたね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

そしてボクらは、未来へと時間を遡った~奇跡の庭 観劇レポート~

 令和元年12月21日、じょーもぴあ宮畑で 奇跡の庭~じかん島のひみつ~ が上演されました。札幌市こどもの 札幌市こどもの劇場やまびこ座/子ども人形劇場こぐま座 の皆さんと人形劇師沢則行さんが作り上げた人と人形が、時間と空間が、過去と未来が交錯する魅惑的な人形劇です。  「縄...