2016年12月12日月曜日

竪穴住居出現 その4

さて、屋根に土をのせれば、竪穴住居は完成です。

 
七難隠す、じゃありませんが屋根板のつぎはぎもいい塩梅に見えなくなって、完成です。公園に設置されている復元住居の1/2サイズで復元してありますが、中での作業もあったため入口は大きめにとってあり、若干バランスが悪いかもしれません。
 
 
 
まあまあの出来ではないでしょうか。組み上げは実質3日間で、1日10名ぐらいです。竪穴の掘り込みがなかったので、比較的短時間で製作できました。これが、伐採からスタートとなるとどの程度期間と人員が必要になるか…やはりホームセンターは偉大です(笑)
 
今回の竪穴住居制作はボランティアグループであるじょーもぴあ・遺跡の案内人の研修の一環として実施しました。組立の順序や柱の結わえ方や、様々な発見があったことと思います。もちろん復元の途中で意見が合わなくなることもありました。とりわけ、「当時の人たちも建築途中で段取りを考え直したり、意見が分かれたり、いろんな話し合いをしていたんでしょうね。そう考えると、そうとう複雑で高次元な会話ができたんではないでしょうか。」という発見は素晴らしいと思います。
 
今回製作した竪穴住居は、1月上旬までそのままにしておく予定です。ぜひ、見学に来てみてください。ただし、危険なのでくレグれも中に入らないようにお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿

露出展示棟

じょーもぴあ宮畑には、発掘調査で出土した縄文土器をそのままの状態で見学できる露出展示棟という展示施設があります。復元された土器はいろんなところで展示されていますが、実際に土器が出土した状態はなかなか見る機会がないと思いますので、ぜひ見学においでください。 福島は遠くて…時間が...